ベーシスト永井健二郎 Official Site

Comments about "Round 2"

吉田太郎・加藤直紀 によるROUND 2レコーディングについてのコメントです。
<メンバーコメント> ドラム 吉田太郎

ROUND2のレコーディングのスタートは大震災からでした。

今回はROUND1の時と違って1人ずつ重ねて録音する方法だったので当初からドラム録りは2日間で9曲やりたいなとは思ってました。
ただ予定では仮のギターやベースに合わせてまずドラムを録音することになっていましたが、震災の後計画停電などの影響で録音の順番も予定通りにはいかずギター、ベース、パーカッション終了後にドラム録りになりました。
なかなかシビアなレコーディングになるかと思われましたかが、実際にはライブでの経験が生かされとても楽しく、熱い演奏が出来たと思います。

結局2日間で録り終えることも出来たし、一発OKの曲もあったのでとてもいいレコーディングでした!
阿部ちゃんのソロなどは僕が録る時まだ無かったりしたので、きっとこうやってやるだろうって予想しながらやる感じで完成が待ち遠しかったです。
ライブと違ってテンポもゆっくりにして録った曲もあったので慣れないところもありましたが、クリックの制約の中でもスリルのあるライブ感がでてませんか?出てるでしょ!(自画自讃)

聞き所はなんと言ってもクシャミ・・・いやいや、SLIP STREAMのスリップ感は楽しいところじゃないでしょうか。
OSAKAの萱谷効果音祭りも相当面白いですね。

ファーストアルバムより確実にパワーアップしたTRAFFIC INFORMATIONの成長を堪能出来るアルバムだと思います。


<メンバーコメント> ギター 加藤直紀

レコーディングの想い出:

とりあえず地震の影響でいろいろ大変な中でのレコーディングだったこと。
仏壇の鐘と妙な頭痛の因果関係。
ホモソーセージ。

レコーディングで大変だったこと、または大変だった曲:
ベースとちょっと不思議なオケしか入ってない状態でギターを入れたこと(笑)

麻布十番:
この曲のテーマはいつ弾いても難しい…。

アンドロメダ:
尺を決めてアドリブするのはなかなか難しい上にちょっと弦高を上げたアコギでのソロ、しかも何テイク弾いたかわからないくらい弾いて指が死にました(笑)

自分のここが聞き所:
Diezelの音色とやっぱソロですか?

アルバムとしての聞き所:
太郎さんのくしゃみ!(爆)

ROUND 2のセルフライナーノーツはこちら
TRAFFIC INFORMATIONトップへ